孫崎さんのTwitterに紹介されていましたので見てみました。外務省Q&A

問6 「南京大虐殺」に対して、日本政府はどのように考えていますか。

  1. 日本政府としては、日本軍の南京入城(1937年)後、非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できないと考えています。しかしながら、被害者の具体的な人数については諸説あり、政府としてどれが正しい数かを認定することは困難であると考えています。
  2. 先の大戦における行いに対する、痛切な反省と共に、心からのお詫びの気持ちは、戦後の歴代内閣が、一貫して持ち続けてきたものです。そうした気持ちが、戦後50年に当たり、村山談話で表明され、さらに、戦後60年を機に出された小泉談話においても、そのお詫びの気持ちは、引き継がれてきました。
  3. こうした歴代内閣が表明した気持ちを、揺るぎないものとして、引き継いでいきます。そのことを、2015年8月14日の内閣総理大臣談話の中で明確にしました。

渋々の様ですが公式には「南京大虐殺」は認めています。もっとも、事実を認め原因・謝罪も無しで、具体的人数が不確定に重点を置くのもこっけいですが・・・。右派論客(?)がいくら騒いでも、国際的には通用しません。

笠原十九司氏がその著書『南京事件論争史ー2007年』で外国人留学生たちが『東京などの大きな書店に立ち寄ると、南京大虐殺を「ウソ」「虚構」「まぼろし」とする本が店頭に平積みされているのを見、また民間テレビ局の時事放談に類する番組をみていると、出演著名人のだいたいが「南京大虐殺はなかった」「外国人のプロパガンダ」などと発信しているのを聞く、・・・』など聞いて驚いているのを紹介しているが、国内では金で事実が曲げれるし国際的にも宣伝で歴史を修正出来ると思っている輩が多すぎる様に思える。

正にマダガスカル現象といえようか。文化的には低開発国では・・・。