B・C級戦犯は「通例の戦争犯罪」「人道に対する罪」が裁かれたが

死刑は971人あった事は余り知られていない様に思う。

下の表で分かると思うが、中華人民共和国は死刑者は0である。

当時の方針は「自らの罪を自ら反省し、何故戦争になったのか・今後はどうすればよいかを自ら考える」事に重点を置いたからの様である。

私には高邁すぎて、分かりにくいが、当時の八路軍戦争犯罪への方針であったようである。

事実は事実である。

中国に対する印象が変わってくるような気がする。

 

BC級戦犯国別明細  
国名                    裁判期間           死刑  終身   有期   無期   その他     計
アメリカ              s20.11-s24.09  140   164     872    200    77       1453
イギリス              s21.12-s23.03  223     54      502     13       66      978
オーストラリア    s20.02-s24.12  153     38      455   269     24        939
オランダ              s21.08-s24.12  226     30      713      55    14      1038
中国(国民党)         s21.05-s24.01 149      83      272    350    29        883
フランス              s21.02-s25.03    63      23      112      31      1        230
フィリピン          s22.08-s24.12    17      87        27      11    27        169
華人民共和       s31.06-s31.07   なし  なし       45  1017   なし    1062
合計                                            971    479    2998   2066  238     6732

(「戦争と罪責」野田正彰著より)