読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安倍首相の発言立憲主義の無理解にあります。

最高法規でも最も重要な条項の一つである憲法21条(一般には知る権利)に為政者の都合で制限を加える「秘密保護法」を強行しました。これは96条による改憲も含めて、『立憲主義』の無理解・無視によります。なぜ立憲主義が大事なのかは例えば、ヒットラー率いるナチスが権力掌握したのは、あくまでも選挙を通じた民主的な(少なくとも形の上では)選択の結果だった事実がこの事を示しています。これから得られた教訓は「多数者支配の民主主義によって正当化される政治権力でも、法的・制度的には制限されねばならない」という憲法学の大方の共通認識からきています。これは苦く塗炭の苦しみから得た人類の貴重な財産です。

これは改憲護憲を含めて憲法学の常識です。

一国の首相たる安倍首相、これくらいは最低わきまえて政治を行って貰いたいものです。