アベノミクスと高橋金融・財政について

現在の安倍政権は麻生財務相を初めとして、高橋財政がお好きなようだ。アベノミクス高橋是清の財政金融政策から引っ張ってきたところが多分にあるように思う。筆者の立場は高橋是清とはかなりの違いがあるが、当時の状況の中での彼の金融・財政の手腕は大いに評価しているし、当時の状況の中での彼の立場からすればああする以外に方法がなかったかもしれない。金融・財政面からの国家の存亡の危機感の中での軍部へ必死の抵抗をするが軍事拡大路線に抗することは出来ず、2.26で軍部の凶弾に倒れてしまった。

私たちは先人の死を賭しての教訓に学ばなければならないのではないだろうか。

現政権はアベノミクスを標榜し、いうなればケインズ政策で不況克服、財政改善・景気回復・構造改革・所得向上といった百花繚乱のビジョンをぶち上げているが、私には到底そんなばら色の未来は予測出来ない。

状況は似ているが高橋財政・金融政策時代と条件はかなり違っている。高橋金融・財政政策はは1932金輸出再禁止・金本位制離脱し、長期国債の日銀引受を行い、折からの満州事変の資金調達・農村向け公共事業の拡大といった景気浮揚・財政健全化の施策は緊迫した国家財政を一時的にせよ収束させた事は事実であるし彼の手腕に負う所は大きい(これは当時発表されたばかりのケインズ政策ではあるが、ケインズを読んだかどうかははっきりりは分からない)。しかし、高橋是清の一番心配し、悩んだもう一つの懸案事項についてはあまり教訓とはしなかったようである。

高橋是清がこの政策を行い財政・金融政策が危機的状況を克服したとはいえ、「これはあくまでも臨時措置」として戦争が短期に収束し財政改善するとの前提があったこと。又赤字国債は早期に市中売却したがそれでも赤字国債は引き続く戦費の増大により解消には到らず、赤字国債による財政赤字の増加と通貨不信任による為替暴落、それに国債不信による暴落・資金調達不可の状態を彼は最も恐れていた事は事実であろう。

だからこそ昭和11年の予算編成で陸軍と激しいやりとりを行い国債費削減を成し遂げたが、これが陸軍の怒りを買い、2.26の凶弾に倒れた直接の原因の一つとされている。

それでもこの頃のGDPのうち長期国債のウエイトは40%くらいであり、

現在の債務残高260%とは圧倒的に開きがあり、現在は長期金利の僅かな動きで国債暴落の危機にある状態とかなり違っている。それでも多くの学者・評論家は国外保有は一割をわっているので心配ないとしている。

戦前も高橋のあとを継いだ馬場大蔵大臣による法規制による生保業界などへの強権的「国債の強制保有」など試みたが、かえって信用不安をあおり結局は国債増発を止められず、財政破綻となってしまった。

現在のグローバル時代に国家総動員的強制法制など出来るはずもなく、むしろ現在は馬場金融・財政状況に似ていると言えるかも知れない。

そもそも経済は「人と人の関係」である。

従って、ある人の儲けは必ず他の人の損失である。国債増発・通貨増発はいわば発行者の国の借用書であるとも言える。借用書を大量発行して景気が一見良くなったように見えても、必ず価値のない通貨を受け取って損をしている人がいるし、回りまわれば最終的には庶民にしわ寄せが来る。多くの場合犠牲は国内では庶民であるし、グローバルになれば犠牲者は国際ファンド・国際金融業者のギャンブル的チキンレースの果てのツケの廻しは財政危機の国とその国民に降りかかる。

ここの所の原点を忘れて景気浮揚を煽ったり、みんなが満足などありえない事である。

戦前の先人の貴重な教訓も「よいとこ取り」の勝手な歴史観でなく、リアルな歴史の教訓を汲みとらなければならないのではなかろうか。

これが筆者の杞憂であれば良いのだが・・・。

間違い個所の指摘・ご意見歓迎します。           筆者