読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shii will join UN conference on NWC March 17, 2017


Japanese Communist Party Chair Shii Kazuo on March 16 at a press conference in the Diet building announced that he will participate in a UN conference which will be held at the UN Headquarters in NYC to negotiate a legally binding instrument to prohibit nuclear weapons.

At the press conference, Shii stressed, “This UN meeting will be a historic event as its success will open the door to achieve a world without nuclear weapons.” He expressed his determination to do his best to help the antinuke conference succeed.

Citing the Japanese government’s stance opposing a Nuclear Weapons Convention, Shii said, “As the only A-bombed nation, this stance is unacceptable. The government should stand on the side of nations calling for the abolition of nuclear weapons.”

Shii will join the UN meeting which will begin on March 27 as a member of the UN NGO, the Parliamentarians for Nuclear Non-proliferation and Disarmament. During the five-day assembly, he plans to meet other nations’ delegates attending the talks as well as ambassadors to UN and representatives of various international NGOs to ask for their cooperation to achieve a success in the NWC talks.

Traveling with Chair Shii, JCP Vice Chair Ogata Yasuo, JCP member of the House of Representatives Kasai Akira, and JCP International Commission Vice Chair Morihara Kimitoshi will leave for NYC on March 22.

The convocation of the anti-nuclear meeting was decided in the UN General Assembly resolution which was adopted on December 23, 2016 with overwhelming support. The resolution calls on all UN member states to participate in discussions on a NWC and says that the conference will be held with the participation and contribution of civil society representatives.

ShiiはNWCに関する国連会議に参加する
2017年3月17日
国会本会議の記者会見で、3月16日の和平共産党議長の志和和夫は、ニューヨークの国連本部で開催される国連会議に参加し、核兵器禁止法案を交渉すると発表した。

首相は、記者会見で、「この国連会談は、核兵器のない世界を実現するための成功の鍵を握る歴史的イベントとなる」と強調した。同代表は、抗日会議が成功するための最善を尽くす意思を表明した。

枢機卿は、核兵器禁止条約に反対する日本政府の立場を引用して、「唯一の被爆国として、この姿勢は受け入れられない。政府は、核兵器廃絶を求める国家の側に立つべきだ」と述べた。

Shiiは3月27日に国連NGO、核不拡散と軍縮議員として参加する国連会議に参加する予定です。 5日間の会合では、会談に出席する他の国代表や国連大使や様々な国際NGOの代表者と会い、NWC協議で成功を収めるための協力を求める予定である。

首相志井、JCP副議長、緒方康夫、JCP川下衆議院議員JCP国際諮問委員会副議長の森原きもとし氏は、3月22日にニューヨークに向かいます。

反核会議の招集は、2016年12月23日に採択された国連総会決議で決定され、圧倒的な支持を得た。この決議案は、すべての国連加盟国に対し、NWCに関する議論に参加するよう呼びかけ、会議は市民団体代表の参加と貢献によって開催されると述べている。

How Trump Happened JOSEPH E. STIGLITZ OCT 14, 2016

NEW YORK – As I have traveled around the world in recent weeks, I am repeatedly asked two questions: Is it conceivable that Donald Trump could win the US presidency? And how did his candidacy get this far in the first place?

As for the first question, though political forecasting is even more difficult than economic forecasting, the odds are strongly in favor of Hillary Clinton. Still, the closeness of the race (at least until very recently) has been a mystery: Clinton is one of the most qualified and well prepared presidential candidates that the United States has had, while Trump is one of the least qualified and worst prepared. Moreover, Trump’s campaign has survived behavior by him that would have ended a candidate’s chances in the past.

Newsart for Is Populism Being Trumped?

Is Populism Being Trumped?

Around the world, toxic political leaders and dangerous policies have suffered important recent setbacks. Project Syndicate commentators explain why – and how the shift in political momentum might be sustained.

So why would Americans be playing Russian roulette (for that is what even a one-in-six chance of a Trump victory means)? Those outside the US want to know the answer, because the outcome affects them, too, though they have no influence over it.

And that brings us to the second question: why did the US Republican Party nominate a candidate that even its leaders rejected?

Obviously, many factors helped Trump beat 16 Republican primary challengers to get this far. Personalities matter, and some people do seem to warm to Trump’s reality-TV persona.

But several underlying factors also appear to have contributed to the closeness of the race. For starters, many Americans are economically worse off than they were a quarter-century ago. The median income of full-time male employees is lower than it was 42 years ago, and it is increasingly difficult for those with limited education to get a full-time job that pays decent wages.

Indeed, real (inflation-adjusted) wages at the bottom of the income distribution are roughly where they were 60 years ago. So it is no surprise that Trump finds a large, receptive audience when he says the state of the economy is rotten. But Trump is wrong both about the diagnosis and the prescription. The US economy as a whole has done well for the last six decades: GDP has increased nearly six-fold. But the fruits of that growth have gone to a relatively few at the top – people like Trump, owing partly to massive tax cuts that he would extend and deepen.

At the same time, reforms that political leaders promised would ensure prosperity for all – such as trade and financial liberalization – have not delivered. Far from it. And those whose standard of living has stagnated or declined have reached a simple conclusion: America’s political leaders either didn’t know what they were talking about or were lying (or both).

Trump wants to blame all of America’s problems on trade and immigration. He’s wrong. The US would have faced deindustrialization even without freer trade: global employment in manufacturing has been declining, with productivity gains exceeding demand growth.

Where the trade agreements failed, it was not because the US was outsmarted by its trading partners; it was because the US trade agenda was shaped by corporate interests. America’s companies have done well, and it is the Republicans who have blocked efforts to ensure that Americans made worse off by trade agreements would share the benefits.

Thus, many Americans feel buffeted by forces outside their control, leading to outcomes that are distinctly unfair. Long-standing assumptions – that America is a land of opportunity and that each generation will be better off than the last – have been called into question. The global financial crisis may have represented a turning point for many voters: their government saved the rich bankers who had brought the US to the brink of ruin, while seemingly doing almost nothing for the millions of ordinary Americans who lost their jobs and homes. The system not only produced unfair results, but seemed rigged to do so.

Support for Trump is based, at least partly, on the widespread anger stemming from that loss of trust in government. But Trump’s proposed policies would make a bad situation much worse. Surely, another dose of trickle-down economics of the kind he promises, with tax cuts aimed almost entirely at rich Americans and corporations, would produce results no better than the last time they were tried.

In fact, launching a trade war with China, Mexico, and other US trading partners, as Trump promises, would make all Americans poorer and create new impediments to the global cooperation needed to address critical global problems like the Islamic State, global terrorism, and climate change. Using money that could be invested in technology, education, or infrastructure to build a wall between the US and Mexico is a twofer in terms of wasting resources.

11,281commentaries shared.Help us keep sharing.

LEARN MORE

There are two messages US political elites should be hearing. The simplistic neo-liberal market-fundamentalist theories that have shaped so much economic policy during the last four decades are badly misleading, with GDP growth coming at the price of soaring inequality. Trickle-down economics hasn’t and won’t work. Markets don’t exist in a vacuum. The Thatcher-Reagan “revolution,” which rewrote the rules and restructured markets for the benefit of those at the top, succeeded all too well in increasing inequality, but utterly failed in its mission to increase growth.

This leads to the second message: we need to rewrite the rules of the economy once again, this time to ensure that ordinary citizens benefit. Politicians in the US and elsewhere who ignore this lesson will be held accountable. Change entails risk. But the Trump phenomenon – and more than a few similar political developments in Europe – has revealed the far greater risks entailed by failing to heed this message: societies divided, democracies undermined, and economies weakened.

最近、年とったなあと時々思うときがある・・・。

最近つくずく歳をとったなあと感じる事がある。まず第一は(これは年寄りのほとんどと思われるが)ついこの間と思った事が、よくよく考えれば、もう2,3年経っていたりする事。もう一つはケン(飼い犬)を見ていて、その生命を力いっぱいに生きている事についほろっとすることである。彼らは何時生まれて何時死んでいくのか分からない。おなかが減ったら必至で食事にありつこうとする。自分を攻撃してくると思われる物には必至の防御をする。その他人間の会話を一生懸命理解しようとする・・・。生き残る為の彼らにとって必死の努力をしている。彼らの生き様を見るたび生命の不思議さをついつい考えてしまう。そんな事考えていて、つい昨、犬の叫び声か、鳥のそれか、ともかく夜中目がさめるほどの音が相当長く聞こえたことを思い出した。あの叫び声だから、おそらく生命に関わるほどの事に違いなかろう。朝散歩していて鴨が一羽だけ泳いでいるのを見かけた。詳しくは分からないが鴨はツガイで泳ぐのではないのだろうかと勝手に思っていたら、案の定しばらくいくとツガイの鴨が泳いでいるのに出くわした。おそらく何かに襲われたのだろうと、勝手に想像してしまう。そう思うと、前の鴨が哀れに思えてくる。「やれ討つな蝿が手を摺る足を摺る」・・・。一茶の心境になってくる。そうかと言って、人間、肉・魚・・と動物淡白摂取は必須である。やはりここで「生かしてもらう事に感謝」「生命はたの生物の犠牲のうえで成り立つ」などの仏教の教えが妙に説得力を持ってくる。

人間他の生物の犠牲の上で命を頂戴しているといえるのか・・・。

そういった意味では真剣に生きなければならないのだろう。

こんな事考えるのも歳のせいか・・・・。

 

 

なぜ、プーチン大統領は圧倒的な支持率を誇るのか?――ドキュメンタリー「プーチン大統領のすべて」を見て-孫崎享

-

孫崎 享

 日本人の対ロシア感情は複雑である。

 一方において、ロシアを愛する側面を持つ。一方において、かつてのソ連に激しい反発を持つ。それを今日までひきずっている。 多分それが、日本人のプーチンに対する評価に影響する。

プーチン大統領のすべて』より引用

 日本くらい、文学の世界で、トルストイドストエフスキーチェーホフなどが影響を持っている国はないのでないか。毎年、どこかでチェーホフの「桜の園」などの劇が開かれている。毎年、数多くのロシアの音楽家が訪れる。チャイコフスキーは日本人の好む作曲家だ。ボリショイ・バレー団が来る。そして、不思議なことにオリンピックなど、日本の得意とする種目、体操、バレー、柔道、レスリングなどの好敵手がロシアとなり、競り合いはするけれど、それだけつながりも出る。プーチンにしても、柔道を通じての日本とのつながりがある。

 他方、ソ連には1941年8月8日、日ソ中立条約があるにも関わらず、日本に対し攻撃を仕掛け、千島列島を占拠した。 日本人にとってロシアと言えば、こうした複雑な心情が交錯し、それがプーチン大統領訪日という局面にも現れる。

プーチンがなぜロシア国民に好感をもたれているのか?

 まず、プーチン大統領という人物を見てみよう。
 「フォーブス誌」は毎年、世界で最も力の強い人物100名を発表している。 2015年は一位プーチン大統領、二位メルケル首相、三位オバマ大統領、四位ローマ法王、五位習近平国家主席である。

 多分、この順位を見て、このランクはおかしいという人がいるかもしれない。「経済、軍事で最強の国、米国の大統領がプーチンメルケルより下というのは解せない」という人が必ず出てくるに違いない。ただ、それへの解は簡単で、オバマは大統領になっているけれども、基本的に米国金融界、米国軍産複合体の代弁者の域を越えられず、彼を「最も強い人物」にすることに米国内で躊躇する人が多いからである。

 そうした一方で、プーチンをどう評価するかについては大きく分かれる。
 ロシア側の支持率を見てみると、ギャラップ調査では支持率は、2009年77%、2010年74%、11年65%、12年54%、13年54%、14年83%である。そして、2016年3月実施のロシアの世論調査機関「レヴァダ・センター」は、プーチン大統領の支持率は82%と報じた。圧倒的に高い支持をロシア国民から得ている。米国ではどうか。Pew Research Centerの2015年2月実施の世論調査では、プーチンに「好感を持っている」が12%、「好感を持たない」が70%である。 日本でプーチンがどう見られているかは、残念ながら有力なデータが手元にないが、日本は基本的に米国的な見方が強いので、どちらかといえば「好感を持たない」が多いであろうと推測される。

image03
プーチン大統領のすべて』より引用

 では、プーチンがなぜロシア国民に好感をもたれているのか?

 プーチンが大統領に就任した時には、ロシアは国家として崩壊の道を進んでいた。 チェチェンなどイスラム教徒の強い地域は分離が必然と見られていたし、経済は悪化の一途で、経済の底辺にいた人々、年金生活者はドン底にいた。

 このドキュメンタリーで明らかにしているのは、「プーチンKGBの一員として東独などで約20年暮らしていることが、彼の資質形成に大きい影響を与えている」としていることである。機密諜報員、いわゆるスパイとは非合法的活動をする人間である。相手国に捕まれば、監獄に行くことが想定される。この時、彼らの活動を支えるものは何であろうか。国益意識である。

 私は、プーチンが諜報員として海外に暮らしたことが今日につながっているとみている。

 海外にいる諜報員に求められる第一は、「事実を客観的に見る能力」である
 かつ幸いなことに、「事実を最も客観的に見る」ためには、周囲の人、上の人と妥協しなければならない要請は少ない。多くの場合、国内で政治活動、官僚などを行ってきた人物は客観的な判断よりは、力の強い者との関係をどう築くかが優先する。こういう人々が上にいく。それは避けられないことだ。だから、「長期政権化」する社会では政治分野であれ、官僚社会であれ経済界であれ、トップの劣化が起こる。
 プーチンという人物がロシア内で重用されたのは、「世渡りのうまい人物では危機的状況にあるロシアを救えない」という思いが、ロシアの中枢に存在していたからであろう。

 また、「プーチンとはどういう人間であるか」を描き出すのが、このドキュメンタリーの目的だと思うが、ここで日本人が役割を果たしている点も興味深い。ロサンゼルスオリンピックの金メダリスト・柔道家の山下泰裕氏である。
 彼は「プーチンは“上手に生きていく”ということを嫌う。自分は柔道家として、個人の利益を優先するのではなく、人間としての生き方を追求することを教えた」というようなことを言っていたと思う。山下泰裕氏は、プーチンをこのカテゴリーに入る人物とみなしているわけだ。

 いま一つ、プーチンがこのドキュメンタリーで強調していたのは、「自分はエリートとして育っていない」ことである。プーチンは自伝で少年時代を振り返り、「家庭環境はあまり裕福でなく、少年時代はレニングラードの共同アパートで過ごした」と語っているが、このフイルムの中でも、「共同アパートで過ごした」ことに言及している。
 今日、世界の多くの政治家は自分の利益と底辺の人の利益を“別物”とみなしている。米国の大統領選挙の共和党候補でトランプが勝ち、民主党候補選択でもサンダースが善戦したのが、その現れである。しかし、プーチンはここを分けてみていない。ロシア国民はそれを適格に感じ取っているのではないか。

image03
プーチン大統領のすべて』より引用

 私は政治家の評価は、その国の抱える最大の問題に、その政治家がどう対応するかで評価されるべきであると思う。そして、少なくともプーチンという大統領が出てこなかったならば、ロシアが崩壊の道を突き進んでいたことは間違いない。

「クリミア問題」とはなんなのか

 そして、もう一つ。我々がロシア、そしてプーチンを理解するうえで、認識しておかなければならないのが「クリミア問題」である。これは、我々日本人が考えている以上に複雑で、一方的にロシアが悪いわけではない。
 それをお伝えするために、日本の報道が報じていない動きについて説明したい。以下は、2014年3月時点での私のブログ記事を抜粋したものである。


ウクライナではEUとの関係を強化しようとする政権と親ロシアを追求する政権と入れ替わってききていたが、2010年の選挙でヤヌコビッチがユーリヤ・ティモシェンコを破り政権の座に就いた。
ウクライナは2013年に欧州連合との政治・貿易協定の仮調印を済ませたが、ロシア寄りの姿勢を見せるヤヌコーヴィチはロシアからの圧力もあり調印を見送る。
③ これに対し欧州連合寄りの野党勢力から強い反発が起こり、ウクライナ国内は大規模な反政府デモが発生するなど騒乱状態に陥った(2014年ウクライナ騒乱)。事態収拾のため2014年2月21日には挙国一致内閣の樹立や大統領選挙繰り上げなどの譲歩を示したがデモ隊の動きを止めることはできず22日に首都キエフを脱出した。
④ 一方、この時期、ソチ・オリンピックが2014年2月7日から23日まで開催されている。ロシアが全く動きが取れない時を見て、政権を起こした。このデモには西側の資金や武器提供が行われている。アメリカとEU特にドイツとの間で、政変後のウクライナ指導部をどのようなものにするかという相談がされている。
⑤ クリミアはロシア黒海艦隊の母港でもあり、クリミアが完全に親EU政権になることは容認できない。特に新しい前提政権の人間は基地を利用できる協定の見直しについて発言している。

 つまり、ソチ・オリンピックをターゲットに西側は仕掛けていた。
 こうした工作の中心にビクトリア・ヌーランド国務省国務次官補(欧州・ユーラシア担当)がいる。米国が政権打倒に関与していることが、2014年2月パイアット駐ウクライナ大使との通話内容がYoutubeで暴露されたのだ。この内容は日本の大手メディアではほとんど報じられていない(AFP通信は配信したが邦訳配信されていない)のだが、とんでもない内容が入っている。

 1月28日にビクトリア・ヌーランド米国務次官補とジェフ・パイエト駐ウクライナ米大使との電話会話をした。この会話の中で二人が「ヤツェニュクが将来の政府のトップとして最適だ」と話をし、ヌーランド女史が「クリチコ(元ボクシング世界チャンピオン)は政府に入る必要はない」と述べ、男性の声は「彼は蚊帳の外にいて、政治活動をさせておけばよい」などと言っている。チャフヌボクについても二人は「蚊帳の外に置くのがいい」ことで同意した。この会話は新政権誕生の前である。ウクライナの今後の体制はヤツェニュク政権の発足が望ましいものとされ、クリチコやチャグニボクの排除にまで言及している。現に2月27日ヤツェニュクが首相に選ばれ、クリチコ氏が党首の「ウダル」は閣外協力することになった。

 電話盗聴では、同じようにショッキングな内容が暴露された。
 EU外交責任者キャサリン・アシトン女史とエストニア外相ウルマス・パエト氏が2月26日電話対談した。これが暴露された。ここでパエト氏が「キエフでの抗議デモ隊と警官に銃口を向けたスナイパー(狙撃手)を雇ったのは、ヤヌコーヴィチではなく、新政権の誰かである」と話をして、「私たちはこのことを調査したい」とアシトンは答えてた。
 3月5日英国「メール紙」は「エストニア外相は“抗議行動の人々を殺害した狙撃手は多分ウクライナの新政府側で雇われた”という漏洩された電話は本物であると述べた、会話はウクライナでの大量殺戮の後、2月25日行われた」と報じた。

 ウクライナの政変の頂点は独立広場で2月18~20日に治安部隊と激しく衝突し、周辺からの銃撃で90人近い犠牲者が出ました。この犠牲者を出した狙撃が追放されたヤヌコーヴィチ側でなく、新政権側だとすると騒動の判断はすっかり変わる。


 ではどうして、米国はロシアとの緊張を仕掛けたのか。
 今から数年前、NATOは重大な決定をした。「NATOはロシアを自分たちの敵ではない」との決定だ(表現に関しては若干の技術的な工夫がなされている)。

 これは極めて重要な意味を持つ。
 この結果、起こりうることは以下の二つである。

 ① ドイツ、英国などにある米軍基地の撤退運動が一段と強くなる
 ② NATO諸国の軍事費が削減される

 そして、この動きを望ましいものでないとして、米国のネオコン勢力がロシアとの緊張を高める政策を打ち出し、これがクリミア、東ウクライナ問題に発展した。
 ロシア国民は、この事情を理解し、それがプーチン大統領の支持にもつながっているのである。

12月のプーチン訪日。領土問題はどうなるのか

image04
プーチン大統領のすべて』より引用

 さて、プーチン大統領が12月に訪日するわけだが、最大の問題は領土問題である。
 私たちは、領土問題を考える時、必ず把握しておくべき歴史的事実がある。残念ながら、日本国民のほとんどが領土問題に高い関心を持ちつつ、この歴史的事実を把握していない。それを列記しておきたい。

① 1945年8月15日 日本はポツダム宣言を受諾した。ポツダム宣言は領土に関し「日本国ノ主権ハ本州、北海道、九州及四国竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ 」と定めた。
② 1945年8月18日 トルーマン米大統領はソ連スターリンに対して「一般指令No1を、千島全てをソ連軍極東総司令官に明け渡す領域に含むよう修正することに同意します」と発信した。
③ 1946年1月 連合軍最高司令部は,日本の範囲に含まれる地域として「四主要島と対馬諸島、北緯三〇度以北の琉球諸島等を含む約一千の島」とし、「竹島、千島列島、歯舞群島色丹島等を除く」とする訓令を発した。
④ 1951年9月8日 日本は「日本国は千島列島に対するすべての権利、請求権を放棄する」内容を含む、サンフランシスコ講和条約に署名した。
⑤ 1951年9月7日 吉田全権は「千島南部の択捉、国後両島が日本領であることについては帝政ロシアも何らの異議を挟まなかったのであります」と主張した。吉田首相の演説は「千島南部の択捉、国後両島が日本領である」という「択捉、国後固有の領土論」は国際的支持を得られず、日本は千島列島全体の放棄を受諾せざるを得ず、かつ、択捉、国後を千島南部と位置付け、放棄した千島に入れている点で重要な意味を持つ。
⑥ 1956年8月19日 ダレス長官は二島返還で妥結を図ろうとする重光外相に対して、「もし日本が国後、択捉をソ連に帰属せしめたら、沖縄をアメリカの領土とする」と発言する。ダレスの恫喝と言われる。
⑦ 1956年9月7日 米国務省は「日本はサンフランシスコ条約で放棄した領土に対して主権を他に引き渡す権限を持っていない」とする覚書を日本側に手交する。
⑧ 1956年10月19日 「日ソ共同宣言」が署名され、「ソ連歯舞群島及び色丹島を日本国に引き渡すことに同意する。この諸島は、平和条約締結後に引き渡す」が盛り込まれている。

 こうした中で、平和条約を結び、歯舞・色丹の返還を実現するのは日本にとっての一つの選択である。

 冷戦時代、米国は日ソ間に領土問題を持たせることによって、日ソ間に緊張を持たせることを図った。
 冷戦終了後、米国は、ロシアのエリツィン政権の後押しをした。そのためには資金協力が必要で、日独の資金協力を期待した。しかし、領土問題のある日本はこれに躊躇を示した。

 すると今度は、米国は日露双方に、「領土問題で日本の資金提供ができないのは困る。だから領土問題を促進させろ」と圧力をかけた。ということで、安倍政権の領土問題へのアプローチは後者の流れを汲む。

 ただ日本が、現時点で領土問題の解決を図る中で、留意すべき点が2つある。ロシアの世論と、米国の動向だ。
 本年5月27~30日に実施したロシアの「レバタ・センター」の世論調査では、二島(歯舞諸島及び色丹島)引き渡しによる「妥結案」に賛成は13%、71%が反対である。プーチンといえども世論を無視できない。

 他方、アメリカについては次の動きがある。
 アメリカ国務省のカービー報道官は9月30日の記者会見で、「日本とロシアが両国の外交関係を検討のうえ、決断したことだ。アメリカ政府が懸念したり心配したりするものではない」「ロシアのウクライナでの行動やクリミアの併合について、われわれは懸念をしており、今はまだロシアとの関係を通常の状態に戻すべきではないという考えは変わらない」と述べている。

 最後に、私自身の個人的なことを述べておきたい。
 私は1968年チェコ事件の直後、モスクワ大学に一年滞在した。そしてその後、1969年~1971年、1978年~1980年の2度在ソ連大使館に勤務した。

 ソ連に対する深い思いがある。

 それで、本編を、ソ連の詩人エセーニンの詩の紹介で締めくくりたい。これは私の『小説外務省 尖閣問題の正体』で締めくくった詩でもある。


 わが思念を去らぬものー
 なにゆえに カレ(注・キリスト)は処刑されたか?
 なにゆへに カレはその首をいけにへに供えたか?
 カレはスボタの敵、それゆえ高く頭を持し、
 ひるまず 汚臭に刃向ったのであろうか?
 光も影もカイサルのクリトに溢れるその国でカレは
 貧寒な村々の一握の漁夫を語らい
 金権のかしら カイサルに立ち向かったのではなかったか?
 (省略)
 わたしは好まぬ。奴隷の宗旨を
 世々恭順なあの宗旨を
 わが信は奇蹟につよく
 わが信は人の知と力にあつい
 私は信ずるー
 行くべき道を歩み
 ここ この大地に生身を捨ずしていつか
 われならずとも誰か
 まこと 神のきわに至ることを

 (『エセーニン詩集』 内村剛介訳)

孫崎さんのTwitterに紹介されていましたので見てみました。外務省Q&A

問6 「南京大虐殺」に対して、日本政府はどのように考えていますか。

  1. 日本政府としては、日本軍の南京入城(1937年)後、非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できないと考えています。しかしながら、被害者の具体的な人数については諸説あり、政府としてどれが正しい数かを認定することは困難であると考えています。
  2. 先の大戦における行いに対する、痛切な反省と共に、心からのお詫びの気持ちは、戦後の歴代内閣が、一貫して持ち続けてきたものです。そうした気持ちが、戦後50年に当たり、村山談話で表明され、さらに、戦後60年を機に出された小泉談話においても、そのお詫びの気持ちは、引き継がれてきました。
  3. こうした歴代内閣が表明した気持ちを、揺るぎないものとして、引き継いでいきます。そのことを、2015年8月14日の内閣総理大臣談話の中で明確にしました。

渋々の様ですが公式には「南京大虐殺」は認めています。もっとも、事実を認め原因・謝罪も無しで、具体的人数が不確定に重点を置くのもこっけいですが・・・。右派論客(?)がいくら騒いでも、国際的には通用しません。

笠原十九司氏がその著書『南京事件論争史ー2007年』で外国人留学生たちが『東京などの大きな書店に立ち寄ると、南京大虐殺を「ウソ」「虚構」「まぼろし」とする本が店頭に平積みされているのを見、また民間テレビ局の時事放談に類する番組をみていると、出演著名人のだいたいが「南京大虐殺はなかった」「外国人のプロパガンダ」などと発信しているのを聞く、・・・』など聞いて驚いているのを紹介しているが、国内では金で事実が曲げれるし国際的にも宣伝で歴史を修正出来ると思っている輩が多すぎる様に思える。

正にマダガスカル現象といえようか。文化的には低開発国では・・・。

「人類の知の地平線」のような純粋科学にスポットを当てていただき、

非常にうれしく思う。何と心のスキットするコメントだろうか。

今回「素粒子ニュートリノの研究」でノーベル物理学賞の受賞が決まった梶田隆章さんの記者会見でのコメントである。心からおめでとうございますと言いたい。

それに引き換え、大学の人文系を減らして武器生産につながる軍事研究をやれというあからさまな文部省の圧力を聞くにつけ、その落差に愕然とする。

そんな中で十月八日付赤旗日刊紙に元最高裁判事の浜田邦夫さんの「私の闘争宣言」は勇気付けられる。

いわく「自由で、平和な美しい日本を守ろう!抵抗勢力は、知的なものに反発しこれを圧迫し、人の尊厳を冒す言動をし、また幻想を追って自らのそして世界の現実を冷静に見つめることを拒否する人々だ。第二次世界大戦終了後70年で日本が築き上げてきた自由で豊かな社会、ユニークな国際信用を大きく傷つけてはならない。この抵抗勢力がたどっている戦前の暗黒の日本への逆コースを阻止しよう!そのため、言論の自由、学問の自由そして憲法と法の支配をあくまでも守るために、皆で立ち上がろう!2015年10月2日 弁護士 濱田邦夫」

実に心強い宣言である。

 

このグラフは時々は目にするグラフです。

対GDP比国債発行残高の国別比較です。

日本はEU各国比べて圧倒的に比率が高い。

f:id:tetayuu:20150604160506g:plain

次のグラフは最近にぎわっている国別為替推移です。

阿倍政権誕生は2012年末ですからその頃は約80円/ドルでした。現在は120円/ドルを超えています。ですから50%の円安になります。マスコミは外人観光客の増加と土産の増加を盛んに報道していますが、ほんとにそれでいいのでしょう

f:id:tetayuu:20150604160701g:plain

下のグラフは消費財の輸入にしめる比率つまり輸入浸透度です。

年とともにその比率は増え、いまでは20%を超えています。

つまり消費は益々海外へ依存し、企業は大手を中心に海外移転するということです。

f:id:tetayuu:20150604160726g:plain

一万円は一万円に変わりはないように見えますが、そんなことはありません。海外(ドル圏域)で同じ品物を買ってみてください。確実に半分になっています。日本で生活していたらすぐには分からないかも知れませが、輸入物価を中心に直接・間接に値上がりしてきます。この直接・間接が曲者で、国産の代替物・量目変更・輸入国・品質変更・在庫時期のズレなどで、なかなか分かりにくいですが、でも確実にあがります。

これもアベノミクスの弊害です。無原則の国債発行・日銀引き受け。財界の言いなりの財政運営。これでは何時までもこの状態から抜け出せません。

抜け出すためには阿倍政権の早期退陣しかありません。

でなければ、多くの国民が塗炭の苦しみを味わう事になるでしよう。